SW-PLCLIB



SW-PLCライブラリは各種PLCとの通信プロトコルを実行するDLLです。アプリケーションへ組み込むことでPLCとの通信を実行するアプリケーションを簡単に作成できます。

特徴
  • 軽量コンパクト、低負荷で高速な動作、アプリケーションへの組込みも簡単
  • PLC通信シミュレータ機能でPLC実機がなくてもアプリケーションのデバッグが可能
  • 付属ツール SW-TagManagerでプログラムの作成、デバッグを支援
  • SW-TagManagerはPLCと直接接続してPLCのメンテナンスツールとしても利用可能

通信DLL

SW-PLCライブラリは、通信機能を提供するメインDLLと各種PLCに対応したアドインDLLで構成されています。DLLサイズは数百KBで、実行環境へはメインDLLと必要なアドインDLLをコピーするだけと、 アプリケーションへの組み込みに適したコンパクトなライブラリです。PLCへの接続、読み書きは、数ステップのプログラムで簡単に実行できます。


SW-PLCLIB
コーディング例
SWPLC_HANDLE handle;

// 1. Tag定義ファイルをロードして通信ポートをオープン
SwPlcLoadFile(&handle, "sample.xml");
// 2. Tag0に100をShort型で書込み
SwPlcWriteShort(handle, 0, 100);
// 3. 通信処理の実行
SwPlcExecute(handle);
// 4. 通信処理の実行結果を取得 ※-1:通信完了まで待機
SwPlcResponse(handle, -1);
// 5. 通信ポートを閉じる
SwPlcClosePort(handle);



管理ツール SW-TagManager

PLCとの通信開発を便利にする管理ツールSW-TagManagerが付属します。



1.タグ割付機能

PLCのデバイスへはタグ番号を割り付けてアクセスします。プログラムからは実際のPLCのデバイスアドレスを意識することなくアクセスできます。

SW-PLCLIB


2.PLC通信シミュレータ機能

TagManagerのダミーPLC機能をONにすると、PLCのシミュレータとして動作させることができます。この機能により、アプリケーション開発中はPLC実機が無くてもアプリケーションのデバッグが可能となります。

SW-PLCLIB


3.PLC接続機能

TagManagerからPLC実機に接続し、デバイスへの読み書きが可能です。稼働中のPLCへ接続し、デバイスの値を確認したいときや、値を書込みたいときなどに便利です。

SW-PLCLIB


4.スクリプト機能

ダミーPLC動作時や、PLC接続時の動作をカスタマイズできるスクリプトがC#で記述できます。例えば、あるデバイスの値が変化したときに所定のデバイスの値を書き換えるなど、実際のPLCの動作をシミュレートさせたり、定周期でデータをファイルに保存するなど簡単なデータロガーのような機能も作成可能です。


スクリプト例
class PlcScript : PlcScriptBase
{
  void OnInit()
  {
    SetTimer(1, 3000);
  }

  void OnExit()
  {
    KillTimer(1);
  }

  void OnTimer(int timerId)
  {
    var data = new PlcData { TagId = 1 };
    if (PlcRead(data))
    {
      string message = DateTime.Now + "," + data.TagId + "," + data.Value + "\r\n";
      File.AppendAllText(@"c:\data\sample.csv", message);
    }
  }
  
  void OnDataChange(int tagId, object value) 
  {
    if (tagId == 0 && (short)value == 1)
    {
      var data = new PlcData {TagId = 1, (short)Value 2};
      PlcWrite(data);
    }
  }
}



性能

通信機能のみのライブラリとして最適化されており高速な通信を実行します。通信中は低負荷で他のシステムに影響を与えないよう設計されております。



タグ数 [個] 100 1000 5000 10000
読出時 [ms] 10.09 23.07 72.73 138.89
書込時 [ms] 10.40 23.30 78.65 148.79

※PLCデータレジスタ D0 - D9999を使用して、読み書きを100回実行した平均値

検証環境

PLC:MELSEC Q03UDECPU MCプロトコル3E(BINARY)

PC:CPU Intel Core i5 2.5GHz Windows7



動作環境


サポートOS Windows7 / Windows8.1 / Windows10 (32bit/64bit)
サポート言語 Microsoft Visual C++ / C# / VB.NET (32bitアプリ)
その他Win32DLLを実行できる環境
対応プロトコル 三菱 MCプロトコル (1C/3C/4C/1E/3E/4E)
オムロン Cモード通信、FINS/TCP、FINS/UDP
キーエンス 上位リンク通信


価格

1ライセンス 30,000円 ※SW-PLCライブラリを導入するPCごとに1ライセンス必要です。


ダウンロード

トライアル版をVectorからダウンロードできます。トライアル版で動作検証の上ご購入ください。


SW-PLCライブラリ(トライアル)

実績

弊社では工場の生産ラインなどで、PLCと連動する制御システムを過去20年以上にわたり開発してきました。 PLCライブラリは弊社の長年の実績あるPLC通信処理をライブラリ化したものです。 本ライブラリを採用したシステムは現在も24時間365日稼働するラインなどでトラブルなく動作しております。



購入方法

見積をご希望の場合、お問い合わせフォームまたは、下記メールアドレスまでご連絡ください。

ご購入は注文書または注文内容(ご購入者名、ご連絡先E-Mail、必要本数)を下記メールアドレスまでお送りください。3営業日以内に弊社よりご注文受付のお知らせをいたします。ソフトは入金確認後に製品版ダウンロードのURLをご案内いたします。


plclib@seiwa-giken.co.jp